ローンの返済ができない人のための救済策

任意売却は、基本的には住宅ローンの返済ができない人のためにある制度です。任意売却では、債権者と交渉をして土地と建物に設定している抵当権を解除してもらうことになりますが、債権者の立場になって考えてみれば、「住宅ローンを返済できるならそうしてください」と言いたくなるでしょう。基本的には、ローンの返済が問題なくできている人は、抵当権を解除してもらうことはできません。住宅ローンを返済できなくなってしまっている人は、そのままでは競売になってしまいますが、競売で不動産が安く売られてしまうと、債権者にとってもデメリットが大きいです。そのようなケースでは、任意売却をしてほぼ相場通りの値段で不動産を売ることが、債務者だけでなく債権者にとってもメリットがあります。

住宅ローンの返済に困っていなくても利用ができる?

住宅ローンの返済に困っているわけではない場合でも、離婚や転勤などの事情で家を売りたい時に、任意売却を利用できるケースもあります。しかし、住宅ローンの返済が問題なくできる場合には、デメリットもありますので、よく考えてから行う必要があります。まずは不動産査定をしてみて、通常の方法で不動産売却ができるようなら、そうしたほうが良いでしょう。不動産を売却してローンを完済できるようなら、任意売却をするよりも通常の不動産売却をしたほうがメリットがあります。オーバーローンとなってしまっている場合には、そのままでは売却ができない可能性が高いので、任意売却も検討しなければならなくなります。まずは専門家に相談をしてみて、メリットとデメリットについてアドバイスをしてもらいましょう。

任意売却とは、住宅ローンが支払えなくなった場合に、お金を借りた金融機関に了承を得て、住宅を売却することです。